メニュー

大腸の病気(大腸ポリープ、大腸癌、便潜血反応)

大腸

健康診断で便潜血反応が陽性になった場合、大腸癌が見つかる方は2%程度です。それほど高い確率ではありません。
しかしながら約40%の方にポリープなど他の大腸疾患が見つかります。前癌病変である大腸ポリープ(特に腺腫性ポリープ)を切除することで大部分の大腸癌が予防できます。

大腸内視鏡検査は大腸癌の早期発見に役立つだけではなく、大腸癌の予防にも有用です。

なお、潰瘍性大腸炎の診療は軽症の方のみ行っております。

具体的にはアサコール、ペンタサ、リアルダの処方のみで、ステロイドや生物学的製剤の処方は行っておりません。

また難病指定医ではないため医療費助成を受けることができません。

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME