メニュー

緊急事態宣言解除後の内視鏡検査について

緊急事態宣言が解除されましたが、引き続き院内感染防止対策を取りながら外来診療と内視鏡検査を行って参ります。

 

当院の新型コロナウイルス感染防止対策について

 窓・ドアを開けて頻回に換気を行い、密閉空間とならないようにしています。

 医師および看護師は患者さんに接する度に手洗いやアルコールによる手指消毒を行い、ドアノブやソファーなど患者さんの手に触れる場所の除菌も頻回に行っています。

 

 加えて、今まで以上に内視鏡機器・検査台・リカバリーベット等を念入りに消毒し、我々自身はキャップ・マスク・ガウン・フェイスシールドなどを装着し院内感染防御策を徹底します。

 

 電子マネー・クレジットカード決済を導入し、現金の受け渡しをせずに会計できるようにしています。

内視鏡検査予約について

 経鼻内視鏡検査はしばらくの間、休止させていただきます。経鼻内視鏡で誘発されるくしゃみが院内感染の原因となる可能性を危惧しての判断です。静脈麻酔を用いた経口の胃内視鏡検査のみ行います。

現在予約可能な日程は内視鏡検査予約状況をご覧ください。

 

 大腸内視鏡の前処置はご自宅で行っていただきます。当面の間、クリニックで腸管洗浄剤を飲むことは出来ません。

 

マスク着用のお願い

 ご来院の際は必ずマスクをご着用くださいますようお願い申し上げます。

 胃内視鏡検査は検査後のリカバリールームでマスクを着用していただきます。

 大腸内視鏡検査は患者さんにマスクを装着していただいたまま施行します。

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME