メニュー

新型コロナウイルス感染防止対策

当院では新型コロナウイルス感染防止のため以下の対策を行っております。

1. 咳、発熱など感冒症状のある患者さんの来院をご遠慮いただいています。

2. 受付にアルコール除菌スプレーを設置しております。来院時に手指の消毒をお願いいたします。
3. 予約人数を制限し、院内の滞在時間ができるだけ短くなるように努めています。

4. スタッフ全員マスクを着用して診療にあたっています。医師および看護師は患者さんに接する度に手洗い、アルコールによる手指消毒を行っています。

5. MRさん(製薬会社営業者)の訪問を自粛していただいています。
6. 頻回に空気を入れ替え、ドアノブやソファーなど患者さんの手に触れる場所の除菌を行っています。

お知らせ

内視鏡検査の予約状況(2020年3月30日午前8:00現在) [2020.03.30更新]
胃内視鏡検査は4/17、4/20、4/21、4/23、4/24、4/27、4/28、4/30、5/1、5/2、5/7、5/8、5/9、5/1...
続きはこちら
Air PAYを導入しました。 [2020.03.03更新]

クレジットカード決済、電子マネー、QR決済でのお支払が可能になりました。

新型コロナウイルス感染症について [2020.02.10更新]

新型コロナウイルス感染症について

全世界的に新型コロナウイルスの感染者が拡大しています。

今後は日本国内でのヒト→ヒト感染により海外渡航歴の無い方の感染例が増えて来るものと予想されます。

新型コロナウイルス感染症は風邪やインフルエンザと症状が全く同じです。検査をしないで区別する事が出来ません。

当院は消化器内視鏡検査専門クリニックです。普段から風邪、インフルエンザ、急性胃腸炎の診療は行っておりません。

当院では新型コロナウイルスに感染しているかどうかの検査をする事が出来ません。また適切な治療をすることが出来ません。

スタッフ及び内視鏡検査にいらした患者さんへの感染を防ぐため、海外渡航歴の有無にかかわらず、発熱、咳、急性下痢症状の方の診察は行いません。

どうぞご了承ください。

なお新型コロナウイルスの感染が心配な方は以下の連絡先にご相談ください。

東京都多摩府中保健所
電話 042-362-2334

東京都新型コロナウイルス関連肺炎にかかる電話相談窓口
電話 03-5320-4509

厚生労働省 電話相談窓口
電話 03-3595-2285

風邪、インフルエンザ、胃腸炎の診察について [2020.01.24更新]

当院は消化器内視鏡検査の専門クリニックです。

風邪、インフルエンザ、発熱、咳、下痢(胃腸炎)の診察は行っておりません。

どうぞご了承ください。

院長ブログを更新しました。 [2019.11.14更新]
日本消化器内視鏡学会指導医証
保険会社診断書について [2019.11.09更新]

大腸ポリープを切除した方は生命保険の契約内容によっては手術給付金が支払われます。
会計時の明細書だけでOKな保険会社が増えてきましたが、診断書が必要な場合は5500円(税込)で記載します。

PayPal.Me/takigawaclinic で5500円をお支払のうえ、診断書をクリニックにお送りください。

送付先 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-20-15新生ハイツ1階

返信の切手代は当院で負担いたします。

 

 

インフルエンザワクチン予防接種 [2019.10.16更新]

インフルエンザワクチンの在庫があります。

当院では13歳以上の方を対象とさせていただいております。

接種料金は、三鷹市、武蔵野市、調布市、小金井市、杉並区、世田谷区在住で65歳以上の方は2500円、その他の方は4500円となります。消費税込です。

WEBでもご予約を受け付けています。

※本人確認のため保険証を忘れずにお持ちください。なお、当院ではインフルエンザ感染症の検査や診療は行なっておりません。

院長ブログを更新しました。 [2019.10.07更新]
内視鏡学会重点卒後教育セミナー
院長ブログを更新しました。 [2019.08.18更新]
日本消化器内視鏡学会セミナー
ピロリ菌除菌について [2019.06.21更新]

ピロリ菌の除菌治療は原則的に当院で内視鏡検査をお受けになった患者さんに対して行っております。

ただし人間ドック等で直近に他院で内視鏡検査をお受けになったばかりの方は当院での内視鏡検査を省略できる場合があります。

 

その場合は他院での内視鏡画像をお持ちください。有料になると思いますがCD-ROM等に焼いてくれると思います。(プリントされた4枚の画像のみは不可です。)

当院で行っている治療

診療内容

身体にやさしく苦痛の少ない消化器内視鏡検査を行います

食道がん、胃がん、大腸がんは早期に発見すれば治すことのできる病気です。身体にやさしく苦痛の少ない内視鏡検査で早期発見のお手伝いをいたします。

国立がん研究センター中央病院内視鏡部で研鑽を積み、25年間にわたり消化器内視鏡検査を中心に診療を行って参りました。
ご希望の方には、鼻から挿入する経鼻内視鏡検査や静脈麻酔を用いたより苦痛の少ない検査も行っています。

胸焼け、胃もたれ、ピロリ菌、大腸ポリープ、便秘を専門的に診察する専門外来も行っています。

なお原則として、風邪・インフルエンザ・急性胃腸炎、急性腹症、胸痛、頭痛の診療は行っておりません。(ただし、かかりつけの患者さんはこの限りではありません。)

また、当院では日本語による診察しか行っておりません。外国人の方の診療も行いますが、日本語ができる方のみとさせていただいています。ただし、既に当院におかかりの方や既に診療予約をされている方を除きます。

※予約が混み合っておりご迷惑をおかけしております。お電話を頂いた当日の診察予約がお受けできない場合がございます。内視鏡予約状況はお知らせ欄でご確認ください。

当院の診療ポリシー

不必要な検査や投薬はできる限りしないことを当院の診療ポリシーとしています。
発売したばかりの薬は高価で、副作用の頻度も不明です。
できる限り安価で安全な薬を処方します。漢方薬も積極的に取り入れています。

強い静脈麻酔を用いて完全に眠っている間に内視鏡検査を行う医療機関がありますが、それは技術の未熟さをごまかすためだと私は考えます。
当院は最小限の麻酔でできる限り苦しくないように丁寧に内視鏡検査を行うことをポリシーとしています。

本来不必要である胃底腺ポリープに対する生検や、大腸の小さな過形成性ポリープの切除は原則として行いません。

空気のかわりに炭酸ガスを送気することで検査中および検査後の腹部膨満感の軽減に努めています。

スコープの洗浄消毒はもちろん、生検鉗子やポリープ切除に使うスネアはディスポーザル(使い捨て)の物を用いて衛生面に最大限配慮しています。

診療科目

  • 内視鏡検査
  • 専門外来
    • 胸焼け外来
    • 胃もたれ外来
    • ピロリ菌外来
    • 大腸ポリープ外来
    • 便秘外来

詳細は「当院の特徴」のページをご覧ください。

交通案内

所在地

181-0013
東京都三鷹市下連雀4-20-15  新生ハイツ

交通

JR中央本線 三鷹駅から徒歩10分

大きい地図はこちら

 

 

診療時間

診療時間
9:00~12:00
15:00~17:00

休診日:水曜日、土曜午後、日曜日、祝日

紹介先・提携病院

当クリニックは、他の医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME