メニュー

胃の病気(ABC検診、ペプシノーゲン陽性、萎縮性胃炎、鳥肌胃炎、胃がんなど)

ABC検診でBないしCと言われた方、健康診断でピロリ菌陽性・ペプシノーゲン陽性と言われた方、胃バリウム検査で萎縮性胃炎・粘膜萎縮と言われた方は、胃癌、鳥肌胃炎、萎縮性胃炎ができている可能性があります。

これらの方に対して、胃内視鏡検査で胃の状態を確認した後にピロリ菌の除菌療法を行っています。
ピロリ菌除菌療法を行う前には原則的に当院での胃内視鏡検査が必要になります。
他院で胃内視鏡検査を行ったばかりだという方は場合によっては当院での内視鏡検査を省略できることがあります。

その場合は必ず前医での内視鏡画像を借りてきてください。

ピロリ菌の除菌療法を行うことにより、ある程度、今後の人生で胃癌になるリスクを低下させることができると言われています。

しかしながらゲームのリセットボタンを押すように除菌した途端に胃癌にならなくなる訳ではありません。
除菌しないでいるよりも胃癌になる可能性が少なくなるだけです。
除菌成功後も定期的な内視鏡検査が必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME